MUGENキャラクター公開

2010年11月29日

【MUGEN】バトルメイジ(アラド戦記)公開

アラド戦記よりMUGEN化キャラクターのバトルメイジの公開です。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

未完成部分が多々残っていますが
とりあえずはダメージ調整が終わったので公開です。

未完成部分の中で大きな物は
・チェイサープレス
・勝利ポーズ

細かい物としては
・チェイサー使用数によるダメージ増加
・ナイトナモード搭載

と言う感じです。
アラド戦記にSIが来たようですがバトルメイジ、阿修羅共に
SIは実装する予定が有りません。
というのも、既にセリカがアラド戦記をプレイしていないものでして…
なので、アラド戦記キャラクターのMUGEN化も恐らくこのバトルメイジで
終わりになると思います。

今回公開のバトルメイジはバージョンとしてはまだβまで到達していないので
β--版と言う感じですね。
勝利ポーズ、ナイトナモードを搭載完了したらβ版に
チェイサープレスの実装と細々した調整が完了したら正式版にする予定です。

せっかく黒幕さんに頂いたモーションもAirに登録は終わっているのですが
勝利ポーズ未作成なのでまだ登場しない罠です。
作っていただいたのに申し訳ない。

もし使ってみて何らかの不具合や永久コンボとなってしまう繋ぎ等が
見つかりましたら、御一報よろしくお願いします。

ro_hom_ai at 01:10|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年07月18日

【MUGEN】阿修羅(アラド戦記)公開

コツコツと作成を進めていたMUGENキャラクターがようやく完成しました!!
題名の通りアラド戦記の職業の一つ「阿修羅」を作っていました。

一通りの技を実装して氷刃の凍結処理が作れたら公開しようと思っていましたが
やっとそこまで作れましたねぇ。

ダウンロードはこちらからどうぞ



・2009年8月2日の更新でAIを実装しました。
・2010年2月7日の更新でWidthやカットインなど一通り実装したいと思っていた項目の実装が終わりました。
・2010年2月20日の更新でDEFが120にATKが95になると共にミッドナイトブリスに対応しました。
・2010年3月7日の更新でユニオンヒット修正、炸裂波動陣(剣撃部)を投げ判定に、爆炎表示バグ修正、特殊イントロ追加を行いました。
・2010年3月24日の更新でHAエフェクト変更、クールタイム調整、ATK90に調整を行いました。


基本は以下の動画を参照してもらえればどのような感じか分かると思います。









動画で触れていない点としては
炸裂波動陣と不動明王陣がヒットしたときの動作で原作と異なる箇所が有ります。
原作では炸裂波動陣も不動明王陣もヒットしようがヒットしまいが
HA状態でしばらく動けなくなるのですが
MUGENの阿修羅では炸裂波動陣と不動明王陣ともにヒットした時は
阿修羅とヒットした相手の両方が無敵状態になり演出へ移行します。

これは、ヒット演出を行う為に相手のステートを奪う必要があるのですが
相手のステートを奪っている時に自分に当たり判定があると
何らかの攻撃で自分がステートを奪われる場合が有ります。

そうなった時、こちらが奪った相手のステートを適切に返してあげることが出来ず
予期せぬ動作が起きる可能瀬があります。
なので、炸裂波動陣にしろ不動明王陣にしろ攻撃が当たって相手のステートを奪った時は
自分は無敵状態になるようにしています。

全体的な火力としては、氷刃で凍結した場合確実に1コンボ多く入れることが出来る為
全体的な攻撃力は少し低くしました。
そのため、氷刃が凍結しなかった場合はコンボから氷刃の追い討ちまで入れても
1割〜1.5割減るかどうか位ですが、追い討ち氷刃で凍結をGETした場合
もう1コンボ入れることが出来るので2割〜3割程度のダメージを奪うことが出来ます。

また、ゲージ技が不動明王陣を除いて基本的に出が遅い為
(原作では不動明王陣が一番遅いんですが
実際に遅く実装したら驚くほど使えない技になってしまったので
最初の攻撃判定の出を早くしました)
凍結状態に叩き込まないと連続技として成立させることが出来ません。

なので、ダメージをとろうと思ったらまずは相手を凍結状態にしなくてはいけないという
なんとも阿修羅っぽいキャラクターにすることが出来たと思います。

立ち回りとしても、氷刃のクールがあけている場合は
積極的に烈波斬や炸裂波動陣のガード不能
アッシュフォークのめくり
ガードキャンセルの潜在波動開放
等から、ダウンしている相手への「アッパースラッシュ→氷刃」を狙っていき
氷刃が当たらなかった、当たったけど凍結しなかった
という時は地烈で牽制したり、断空斬で逃げたりと氷刃のクールがあけるまでは
防御的に立ち回るという阿修羅っぽい立ち回りになると思います。

通常技がガードだろうがヒットだろうが当てても自分がとても不利なので
うまくフォローする必要が有ります。
しかし、各種キャンセル技で通常技をキャンセルしてもそもそも
そのキャンセル技の隙がでかいというのもあり
うまいこと画面端を背負わないようにしつつもキャンセルバックステップを
使っていく必要があるのではないかなと思います。

こういうとき縦に逃げられないってのはきついですNE。

今後はAIの作成やイントロの作成、Widthの設定などをしたいと思いますが
ROの方で新エピソードが始まったのもあり
MUGENのキャラ作成が一段落ついたのもありで
しばらくはROを中心にRO:MUGENが3:1位の割合になると思います。
AI実装はもうしばらくかかりそうです。


ro_hom_ai at 20:20|Permalink このエントリーをはてなブックマークに追加